■大学院法学研究科博士前期課程学位論文

行政書士合格講座憲法学の窓・公務員試験対策室>大学院法学研究科博士前期課程学位論文「基本的人権の私人間効力に関する法理の研究−学説分析と判例評釈−」

このサイトについて・プライバシーポリシー Site Map



管理人が、大学入学後初めて読んだ憲法の本は芦部信喜「憲法」(岩波書店)でしたが、芦部先生の私人間効力論の説明がどうも理解できず、大学入学後早々にこの論点を考え初めました。結局大学在学中この問題を考え続け、大学院に進学しこの論点で修士論文を書きました。

法学部の学生の方で、レポートやゼミ報告で私人間効力を勉強する方々へ
日本における私人間効力に関する判例は、下記論文中の22頁以降で論評をしていますので、下記pdfファイルをダウンロード後、当該頁を参照してください。そこに必要な文献も提示してあります。

大学院法学研究科博士前期課程学位論文「基本的人権の私人間効力に関する法理の研究−学説分析と判例評釈−」(pdfファイル、486kb)

  
参考文献
著者名
書名
出版社
出版年
芦部信喜 憲法新版 岩波書店 1997
芦部信喜 憲法学T憲法総論 有斐閣 1992
芦部信喜 憲法学U人権総論 有斐閣 1994
芦部信喜編 憲法U人権(1) 有斐閣 1978
伊藤正巳 憲法初版 弘文堂 1982
内田貴 民法T第2版 東大出版会 1999
内田貴 民法U 東大出版会 1997
浦部法穂 憲法学教室T 日本評論社 1988
大須賀明編 憲法 青林書院 1996
奥平康弘 憲法V憲法が保障する権利 有斐閣 1993
小林直樹 憲法講義上新版 東大出版会 1980
阪本昌成 憲法U 成文堂 1993
佐々木惣一 日本憲法要論 金刺芳流堂 1933
佐藤功 日本国憲法概説全訂第4版 学陽書房 1991
佐藤幸治 憲法第3版 青林書院 1995
田中二郎 行政法上巻全訂第2版 弘文堂 1974
田中英夫 英米法総論下 東大出版会 1980
団藤重光 法学の基礎初版増補 有斐閣 1996
橋本公亘 日本国憲法 有斐閣 1980
法学協会 註解日本国憲法 有斐閣 1953
前田雅英 刑法各論講義第2版 東大出版会 1995
松井成記 アメリカ憲法入門第4版 有斐閣 2000
松阪佐一 民法提要総則第3版増補 有斐閣 1981
三ケ月章 民事訴訟法 有斐閣 1959
宮沢俊義 憲法U 有斐閣 1971
宮沢俊義(芦部信喜補訂) 全訂日本国憲法第2版全訂版 日本評論社 1978
我妻栄=有泉亨(川井健補訂) 民法1新版 一粒社 1995
芦部信喜 憲法訴訟の理論 有斐閣 1973
芦部信喜 現代人権論 2>有斐閣 1974
芦部信喜 憲法訴訟の現代的展開 有斐閣 1981
芦部信喜 人権と憲法訴訟 有斐閣 1994
芦部信喜 宗教・人権・憲法学 有斐閣 1999
阿部照哉 基本的人権の法理 有斐閣 1976
田口精一 基本権の理論 信山社 1996
芦部信喜 司法のあり方と人権 東大出版会UP選書 1983
芦部信喜 憲法判例を読む 岩波書店 1987
芦部信喜 演習憲法新版 有斐閣 1988
芦部信喜 憲法叢説1憲法と憲法学 信山社 1994
芦部信喜=高橋和之編 憲法判例百選T第3版 有斐閣 1994
芦部信喜=戸松秀典編 判例憲法体系第2期版 第一法規出版
伊藤正巳他編 英米判例百選T公法 有斐閣 1978
尾吹善人 解説憲法基本判例 有斐閣 1986
塩野宏=小早川光郎編 行政判例百選T第3版 有斐閣 1993
高木八尺=末延三次=宮沢俊義編 人権宣言集 岩波文庫 1957
田中英夫 英米法のことば 有斐閣 1986
ドイツ憲法判例研究会編 ドイツの憲法判例 信山社 1996
長尾龍一 憲法問題入門 ちくま新書 1997
樋口陽一 司法の積極性と消極性 勁草書房 1978
樋口陽一編 憲法の基本判例初版 有斐閣 1985
樋口陽一=野中俊彦編 憲法の基本判例第2版 有斐閣 1996
前田雅英 刑法(総論)私の学説 辰巳法律研究所講義テープ
長谷川政安 日本の憲法第3版 岩波新書 1994
森英樹 主権者はきみだ新版 岩波ジュニア新書 1997
米倉明 プレップ民法第2版 弘文堂 1993
我妻栄編集代表 憲法判例百選 有斐閣 1963
我妻栄編集代表 判例百選第2版 有斐閣 1965
我妻栄編集代表 行政判例百選増補版 有斐閣 1965

Bodo Pieroth-Bernhard Schlink, Grundrechte Staatsrecht 2,(4.Aufl.1988).
Carl Schmidt, Verfassungslehre, (6.Aufl.1983).
Guenter Duerig, Grundrechte und Zivilrechtsprechung, in:Walter Schmidt Glae ser-Peter Haeberle(Hrsg.), Gesammelte Schriften 1952-1983(1984).
Hans Carl Nipperdey, Die Wuerde des Menschen, in:Franz L. Neuman-Hans Carl Nipperdey-Ulrich Scheuner(Hrsg.), Die Grundrechte, Bd.2, (1954).
Gustav Radbruch『法学入門』碧海純一訳(東大出版会、1961年)
Jurgen Schwabe, Grundkurs Staatsrecht(5.Aufl.1995).
Klaus Stern, Das Staatsrecht der Bundesrepublik Deutschland, Bd.1 (1984).
Klaus Stern, Das Staatsrecht der Bundesrepublik Deutschland, Bd.3/1(1988).
Peter Haeberle『基本権論』井上典之編訳(信山社、1993年)
Schmidt-Bleibtreu/Klein, Kommentar zum Grundgesetz(7.Aufl.1990).
v. Mangolt-Klein-Starck, Das Bonner Grundgesetz, Bd.1(3.Aufl.1985).
Wolfgung Runfer,Grundrechtsadressaten, in:Josef Isensee-Paul Kirchhof(Hrsg.), Handbuch des Staatsrechts der Bundesrepublik Deutschland(1992).
Gerald Gunter, Cases and materials on idnividual rights in constitutional law(3.ed.1981).
David S. Elkind, State action:theories for applying constitutional restrictions to private activity, Colum. L. Rev.(1974).
Thomas I. Emerson=木下毅『現代アメリカ憲法』(東大出版会、1978年)