■公務員試験過去問解説(行政法、行政行為の瑕疵1)

行政書士合格講座憲法学の窓・公務員試験対策室公務員試験対策室>公務員試験過去問解説(行政法、行政行為の瑕疵1)

このサイトについて・プライバシーポリシー Site Map

■行政行為の瑕疵(地方公務員試験上級〔2008年〕)

行政法学上の瑕疵ある行政行為に関する記述として、通説にてらして、妥当なのはどれか。

1) 瑕疵の治癒とは、行政庁が意図した行政行為としては違法であるにもかかわらず、別の行政行為とみれば適法であると考えることができる場合に、これを別の行政行為であるとしてその効力を維持することをいう。

2) 先行処分に瑕疵があり、先行処分と後行処分が相互に関連する場合は、それぞれが別個の目的を志向し、相互の間に手段目的の関係がないときであっても、必ず先行処分の違法は後行処分に承継される。

3) 行政行為は、それに明白な瑕疵があれば当然に無効となり、国民は正式の取消手続きを経るまでもなく、通常の民事訴訟により直接自己の権利を主張することができる。

4) 違法行為の転換とは、行政行為がなされた時には、手続的な要件が欠けていたが、その後の事情の変更または追完によって要件が充足され、瑕疵がなくなった場合に、その行政行為の効力を維持することをいう。

5) 取り消しうべき瑕疵を有する行政行為は、正当な権限のある行政庁または裁判所が取り消して初めて効力を失うもので、取り消されるまでは、その行政行為の相手方やその他の国家機関はこれに拘束される。

■解説

1) 誤り。これは瑕疵の治癒ではなく、違法行為の転換の説明である。櫻井敬子−橋本博之『行政法』第5版(2016年、弘文堂)96頁、稲葉−人見−村上−前田『行政法』第4版(2018年、有斐閣)109−110頁。

2) 誤り。違法性の承継の問題である。ここで言うような、各処分が「別個の目的を志向」しているといった独立性の高い行政行為である場合(例、課税処分と滞納処分)、違法性の承継は認められない。前掲櫻井他89頁、稲葉他110頁。

3) 誤り。「行政行為は、それに重大かつ明白な瑕疵があれば当然に無効となり、国民は正式の取消手続きを経るまでもなく、通常の民事訴訟により直接自己の権利を主張することができる」(重大明白説)、なら正しい。前掲櫻井他93−94頁、稲葉他104頁。

4) 誤り。これは違法行為の転換ではなく、瑕疵の治癒の説明である。前掲櫻井他95−96頁、稲葉他109頁。

5) 正しい。公定力の説明である。前掲櫻井他84頁、稲葉他70頁。