■公務員試験過去問解説(行政法、行政行為の種類1)

行政書士合格講座憲法学の窓・公務員試験対策室公務員試験対策室>公務員試験過去問解説(行政法、行政行為の種類1)

このサイトについて・プライバシーポリシー Site Map

■行政行為の種類(地方公務員試験上級〔2001年〕)

行政法学上の許可、認可または特許に関する記述として、妥当なのはどれか。

1) 許可は、すでに法令または行政行為によって課されている一般的禁止を特定の場合に解除する行為であり、例として自動車運転の免許がある。

2) 法律により許可制がとられている場合、申請に対して許可を与えるかどうかは原則として行政庁の自由な裁量にゆだねられている。

3) 認可は、人が生まれながらに有していない新たな権利その他法律上の力または地位を特定人に付与する行為であり、例として鉱業権設定の許可がある。

4) 法令で認可が要件とされている場合に、認可を受けないで行った行為は、取消の対象となるが無効となることはない。

5) 特許は、私人間で締結された契約、合同行為などの法律行為を補充してその法律上の効果を完成させる行為であり、例として農地の権利移転の許可がある。

■解説

1) 正しい。櫻井敬子−橋本博之『行政法』第5版(2016年、弘文堂)78頁、稲葉−人見−村上−前田『行政法』第4版(2018年、有斐閣)78頁。

2) 誤り。許可は、国民が本来持っている自由を回復する行為なので、許可を与えるかどうかについての行政庁の裁量の幅は狭く、法定の要件を満たせば許可が与えられなければならないと解されている。前掲櫻井他79頁。

3) 誤り。これは認可の説明ではなく、特許の定義と具体例である。前掲櫻井他79頁、稲葉他77頁。

4) 誤り。「法令で認可が要件とされている場合に、認可を受けないで行った行為」は無効となる。一方許可が要件とされている場合に、許可を受けないで行った行為は、必ずしも無効とはならない。前掲稲葉他77頁参照。

5) 誤り。これは特許の説明ではなく、認可の定義と具体例である。前掲櫻井他81頁、稲葉他78−79頁。