■2020年行政書士試験・憲法第1問

行政書士合格講座2020年行政書士試験の問題解説>2020年行政書士試験・憲法第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■刑事収容施設における人権(2020−3)【判例問題】

次の文章の空欄(ア)−(オ)に当てはまる語句の組合せとして、妥当なものはどれか。

未決勾留は、刑事訴訟法の規定に基づき、逃亡又は罪証隠滅の防止を目的として、被疑者又は被告人の(ア)を監獄内に限定するものであって、右の勾留により拘禁された者は、その限度で(イ)的行動の自由を制限されるのみならず、前記逃亡又は罪証隠滅の防止の目的のために必要かつ(ウ)的な範囲において、それ以外の行為の自由をも制限されることを免れない・・・。また、監獄は、多数の被拘禁者を外部から(エ)して収容する施設であり、右施設内でこれらの者を集団として管理するにあたっては、内部における規律及び秩序を維持し、その正常な状態を保持する必要があるから、・・・この面からその者の(イ)的自由及びその他の行為の自由に一定の制限が加えられることは、やむをえないところというべきである・・・

被拘禁者の新聞紙、図書等の閲読の自由を制限する場合・・・具体的事情のもとにおいて、その閲読を許すことにより監獄内の規律及び秩序の維持上放置することのできない程度の障害が生ずる相当の(オ)性があると認められることが必要であり、かつ、・・・制限の程度は、右の障害発生の防止のために必要かつ(ウ)的な範囲にとどまるべきものと解するのが相当である。
(最大判昭和58年6月22日民集第37巻5号793頁)

ア イ ウ エ オ
1) 居住 身体 合理 隔離 蓋然
2) 活動 身体 蓋然 遮断 合理
3) 居住 日常 合理 遮断 蓋然
4) 活動 日常 蓋然 隔離 合理
5) 居住 身体 合理 遮断 蓋然

■解説

【難易度】やや難しい。旧監獄法(現刑事収容施設法)下での新聞の閲読制限が問題となった「よど号」ハイ・ジャック新聞記事抹消事件からの出題である。

判示の中では問題文2段落目の部分が有名なため、ウ)とオ)が埋まれば選択肢を3つに絞り得る。そしてイ)については、後に続く「行動の自由」という言葉をヒントに穴埋めでき、結果3つの選択肢の内1つを切ることができる。そして最後エ)の穴埋めだが、ここは実際の判決文を読んでいないと埋めにくかったかもしれない。正解は1)である。

本問と関連して、特別な法律関係における人権の限界(旧特別権力関係論、公務員の人権制約等)、閲読の自由(「よど号」判決でも言及あり)と知る権利、及び検閲の関係に注意しておくこと。芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法』第5版(2011年、有斐閣)106頁以下、佐藤幸治『日本国憲法論』(2011年、日本評論社)156頁以下。なお国公立大学の学生については、国公立大学が独立法人化されている点注意。塩野宏『行政法T』第5版(2009年、有斐閣)36頁以下。