■2020年行政書士試験・商法第1問

行政書士合格講座2020年行政書士試験の問題解説>2020年行政書士試験・商法第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■商法(2020−36)【条文知識問題】

運送品が高価品である場合における運送人の責任に関する特則について述べた次のア)ーオ)の記述のうち、商法の規定および判例に照らし、誤っているものの組合せはどれか。

ア) 商法にいう「高価品」とは、単に高価な物品を意味するのではなく、運送人が荷送人から収受する運送賃に照らして、著しく高価なものをいう。

イ) 運送品が高価品であるときは、荷送人が運送を委託するにあたりその種類および価額を通知した場合を除き、運送人は運送品に関する損害賠償責任を負わない。

ウ) 荷送人が種類および価額の通知をしないときであっても、運送契約の締結の当時、運送品が高価品であることを運送人が知っていたときは、運送人は免責されない。

エ) 運送人の故意によって高価品に損害が生じた場合には運送人は免責されないが、運送人の重大な過失によって高価品に損害が生じたときは免責される。

オ) 高価品について運送人が免責されるときは、運送人の不法行為による損害賠償責任も同様に免除される。

1) ア)、イ)
2) ア)、エ)
3) イ)、ウ)
4) ウ)、オ)
5) エ)、オ)

■解説

ア) 誤り。ここでいう高価品とは、「容積または重量の割に著しく高価な物」の意味である(最判昭和45年4月21日)。

イ) 正しい。商法577条1項。

ウ) 正しい。577条2項1号。

エ) 誤り。運送人が、故意又は重過失によって高価品に滅失損傷等を発生させた場合、損害賠償責任を免れ得ない(577条2項2号)。

オ) 正しい。587条。

よって正解は2)のア)、エ)となろうか。