■2019年行政書士試験・商法第5問

行政書士合格講座2019年行政書士試験の問題解説>2019年行政書士試験・商法第5問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■会社法(2019−40)【条文知識問題】

公開会社でない株式会社で、かつ、取締役会を設置していない株式会社に関する次の記述のうち、会社法の規定に照らし、誤っているものはどれか。

1) 株主総会は、会社法に規定する事項および株主総会の組織、運営、管理その他株式会社に関する一切の事項について決議することができる。

2) 株主は、持株数にかかわらず、取締役に対して、当該株主が議決権を行使することができる事項を株主総会の目的とすることを請求することができる。

3) 株式会社は、コーポレートガバナンスの観点から、2人以上の取締役を置かなければならない。

4) 株式会社は、取締役が株主でなければならない旨を定款で定めることができる。

5) 取締役が、自己のために株式会社の事業の部類に属する取引をしようとするときは、株主総会において、当該取引につき重要な事実を開示し、その承認を受けなければならない。

■解説

1) 正しい。会社法295条1項。

2) 正しい。303条1項。

3) 誤り。よってこれが正解である。「株式会社には、一人又は二人以上の取締役を置かなければならない」(326条1項)。

4) 正しい。331条2項但書。

5) 正しい。356条1項1号。