■2018年行政書士試験・商法第1問

行政書士合格講座2018年行政書士試験の問題解説>2018年行政書士試験・商法第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■商人、商行為(2018−36)【条文知識問題】

商人または商行為に関する次のア)−オ)の記述のうち、商法の規定に照らし、誤っているものの組合せはどれか。

ア) 商行為の委任による代理権は、本人の死亡によって消滅する。

イ) 商人がその営業の範囲内において他人のために行為をしたときは、相当な報酬を請求することができる。

ウ) 数人の者がその一人または全員のために商行為となる行為によって債務を負担したときは、その債務は、各自が連帯して負担する。

エ) 保証人がある場合において、債務が主たる債務者の商行為によって生じたものであるときは、その債務は当該債務者および保証人が連帯して負担する。

オ) 自己の営業の範囲内で、無報酬で寄託を受けた商人は、自己の財産に対するのと同一の注意をもって、寄託物を保管する義務を負う。

1) ア)、ウ)
2) ア)、オ)
3) イ)、ウ)
4) イ)、エ)
5) エ)、オ)

■解説

ア) 誤り。商法506条。

イ) 正しい。512条。

ウ) 正しい。511条。

エ) 正しい。511条2項。

オ) 誤り。報酬があろうとなかろうと寄託を受けた商人は善管注意義務を負う(593条)。

よって正解は2)のア)、オ)となろう。