■2017年行政書士試験・商法第1問

行政書士合格講座2017年行政書士試験の問題解説>2017年行政書士試験・商法第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■商法総則、商行為(2017−36)【条文知識問題】

商人および商行為に関する次の記述のうち、商法の規定に照らし、正しいものはどれか。

1) 商人とは、自己の計算において商行為をすることを業とする者をいう。

2) 店舗によって物品を販売することを業とする者は、商行為を行うことを業としない者であっても、商人とみなされる。

3) 商人の行為は、その営業のためにするものとみなされ、全て商行為となる。

4) 商法は一定の行為を掲げて商行為を明らかにしているが、これらの行為は全て営業としてするときに限り商行為となる。

5) 商行為とは、商人が営業としてする行為または営業のためにする行為のいずれかに当たり、商人でない者の行為は、商行為となることはない。

■解説

1) 誤り。商人とは、「自己の名をもって商行為をすることを業とする者をいう」(商法4条1項)。

2) 正しい。4条2項。

3) 誤り。商人の行為は、「その営業のためにするものと推定する」(503条2項)。なお同条1項参照。

4) 誤り。営業として502条に列挙されている行為をするとき、それらは商行為となる(営業的商行為)。501条に列挙されている行為は「営業性」を必要としない商行為である(絶対的商行為)。

5) 誤り。絶対的商行為は、商人でなくてもこれを行えば商行為とされるものである。