■2009年行政書士試験・法令科目多肢選択式第1問

行政書士合格講座2009年行政書士試験の問題解説>2009年行政書士試験・法令科目多肢選択式第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■ロッキード事件(2009−41)【判例知識問題】

次の文章は、ある最高裁判所判決の一節である。空欄(ア)−(エ)に当てはまる語句を、枠内の選択肢(1−20)から選びなさい。

(ア)は、憲法上、−(中略)−国務大臣の任免権(68条)、(イ)を代表して(ウ)を指揮監督する職務権限(72条)を有するなど、(イ)を統率し、(ウ)を統轄調整する地位にあるものである。
そして、(イ)法は、(エ)は(ア)が主宰するものと定め(4条)、(ア)は、(エ)にかけて決定した方針に基づいて(ウ)を指揮監督し(6条)、(ウ)の処分又は命令を中止させることができるものとしている(8条)。
このように。(ア)が(ウ)に対し指揮監督権を行使するためには、(エ)にかけて決定した方針が存在することを要するが、(エ)にかけて決定した方針が存在しない場合においても、(ア)の右のような地位及び権限に照らすと、流動的で多様な行政需要に遅滞なく対応するため、(ア)は、少なくとも、(イ)の明示の意思に反しない限り、(ウ)に対し、随時、その所掌事務こついて一定の方向で処理するよう指導、助言等の指示を与える権限を有するものと解するのが相当である。
(最大判平成7年2月22日刑集49巻2号1頁以下)

1) 衆議院 2) 閣議 3) 政府 4) 内閣官房長官 5) 省庁 6) 国民 7) 内閣 8) 特別会 9) 事務次官会議 10) 執政 11) 国政 12) 官僚 13) 国会  14) 内閣総理大臣 15) 参議院 16) 日本国 17) 行政各部 18) 天皇 19) 事務) 20) 常会

■解説

【難易度】やや難しい。難易度をこのようにしたものの、ア)−ウ)は条文知識があれば穴埋は可能なので、この問題を易しいと考えられた方も多いかもしれない。

本問は、憲法以上に刑法(贈賄、受託収賄罪)で議論がなされるロッキード事件丸紅ルート最高裁判決からの出題である。
刑法上賄賂罪の成立には、「職務に関し」(刑法197条参照)という要件が重要な意義を持つが、本件では、「内閣総理大臣が、全日空にロッキード社の航空機購入の勧奨をする行政指導をするように運輸大臣を指揮する職務権限を有するか否か」等が問題となった。問題文はこの点に関する最高裁の判断が示されている。

解答は次のようになろう。
(ア内閣総理大臣)は、憲法上、−(中略)−国務大臣の任免権(68条)、(イ内閣)を代表して(ウ行政各部)を指揮監督する職務権限(72条)を有するなど、(イ内閣)を統率し、(ウ行政各部)を統轄調整する地位にあるものである。
そして、(イ内閣)法は、(エ閣議)は(ア内閣総理大臣)が主宰するものと定め(4条)、(ア内閣総理大臣)は、(エ閣議)にかけて決定した方針に基づいて(ウ行政各部)を指揮監督し(6条)、(ウ行政各部)の処分又は命令を中止させることができるものとしている(8条)。
このように。(ア内閣総理大臣)が(ウ行政各部)に対し指揮監督権を行使するためには、(エ閣議)にかけて決定した方針が存在することを要するが、(エ閣議)にかけて決定した方針が存在しない場合においても、(ア内閣総理大臣)の右のような地位及び権限に照らすと、流動的で多様な行政需要に遅滞なく対応するため、(ア内閣総理大臣)は、少なくとも、(イ内閣)の明示の意思に反しない限り、(ウ行政各部)に対し、随時、その所掌事務こついて一定の方向で処理するよう指導、助言等の指示を与える権限を有するものと解するのが相当である。

本問題については、芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法』第5版(2011年、岩波書店)316−317頁、前田雅英『刑法各論講義』第2版(1995年、東大出版会)540頁以下参照。