■2009年行政書士試験・地方自治法第1問

行政書士合格講座2009年行政書士試験の問題解説>2009年行政書士試験・地方自治法第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■地方自治概論(2009−21)【条文知識問題】

以下の記述のうち、地方自治法に規定されている内容として、誤っているものはどれか。

1) 地方自治法に定める「自治事務」とは、地方公共団体が処理する事務のうち、法定受託事務以外のものをいう。

2) 地方公共団体は、その事務を処理するに当たっては、住民の福祉の増進に努めるとともに、最少の経費で最大の効果を挙げるようにしなければならない。

3) 地方公共団体は、常にその組織及び運営の合理化に努めるとともに、他の地方公共団体に協力を求めてその規模の適正化を図らなければならない。

4) 市町村が当該都道府県の条例に違反して事務を処理した場合には、その市町村の行為は無効とされる。

5) 市町村は、その事務を処理するに当たり、当該都道府県知事の認可を得て、総合的かつ計画的な行政の運営を図るための基本構想を定めなければならない。

■解説

【難易度】普通。

1) 正しい。地方自治法2条8項。

2) 正しい。2条14項。

3) 正しい。2条15項。

4) 正しい。2条16、17項。

5) 誤り。旧2条4項は、市町村が議会の議決を経て基本構想を定めねばならない旨規定していたが、現在この規定は削除されている。