■2010年行政書士試験・憲法第3問

行政書士合格講座2010年行政書士試験の問題解説>2010年行政書士試験・憲法第3問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■表現の自由の保障根拠(2010−5)【理論問題】

表現の自由の保障根拠に関する次の記述のうち、他と異なる考え方に立脚しているものはどれか。

1) 広告のような営利的な表現活動もまた、国民一般が消費者として様々な情報を受け取ることの重要性に鑑み、表現の自由の保護が及ぶものの、その場合でも保障の程度は民主主義に不可欠な政治的言論の自由よりも低い、とする説がある。

2) 知る権利は、「国家からの自由」という伝統的な自由権であるが、それにとどまらず、参政権(「国家への自由」)的な役割を演ずる。個人は様々な事実や意見を知ることによって、はじめて政治に有効に参加することができるからである。

3) 表現の自由を規制する立法の合憲性は、経済的自由を規制する立法の合憲性と同等の基準によって審査されなければならない、とする説が存在するが、その根拠は個人の自律にとっては経済活動も表現活動も同等な重要性を有するためである。

4) 名誉毀損的表現であっても、それが公共の利害に関する事実について公益を図る目的でなされた場合には、それが真実であるか、真実であると信じたことに相当の理由があるときは処罰されないが、これは政治的な言論を特に強く保護する趣旨と解される。

5) 報道機関の報道の自由は、民主主義社会において、国民が国政に関与するために重要な判断の資料を提供し、国民の知る権利に奉仕するものであり、表現の自由の保障内容に含まれる。

■解説

【難易度】易しい。ひとまず解説は、芦部説と矛盾を生ずるか否かという観点から説明している。

1) 芦部説と矛盾しない。営利的言論であっても、表現の自由を支える「自己実現」と「自己統治」という2つの価値の内、前者に寄与するから、表現の自由の保障が及ぶと解される。しかし、表現の自由の重点は自己統治の価値にあるから、営利的言論の保障程度は、政治的言論より狭くなると解される。芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法』第5版(2011年、岩波書店)170、186頁。

2) 芦部説と矛盾しない。本肢は前掲芦部171頁の記述そのままを用いたものであろう。

3) 芦部説と矛盾する。3)のみが他の選択肢とは異なる立場にたつ。違憲審査基準について、精神的自由の審査には経済的自由の審査で用いられる「合理性の基準」は妥当せず、より厳格な基準により審査されねばならないとする「二重の基準論」と、本肢にいう「説」は矛盾する。前掲芦部103頁。3)以外の肢は「保障の有無(程度)」の話になっているが、この肢だけ違憲審査基準の話になっている。

4) 芦部説と矛盾しない。名誉毀損罪で問題となる真実性の証明(刑法230条の2)は、「自己統治の価値を重視したものは明らかである」。芦部信喜『憲法学V』(1998年、有斐閣)352頁。

5) 芦部説と矛盾しない。本肢は博多駅事件(最大決昭和44年11月26日)の判旨を記述している。この判旨は「現代における報道機関の重要性を的確に表現」したものであり、芦部説と矛盾しない。芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法』第5版(2011年、岩波書店)176頁。