■2010年行政書士試験・法令記述式第1問

行政書士合格講座2010年行政書士試験の問題解説>2010年行政書士試験・法令記述式第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■行政法・事情判決(2010−44)【判例問題】

Y組合の施工する土地区画整理事業の事業地内に土地を所有していたXは、Yの換地処分によって、従前の土地に変えて新たな土地を指定された。

しかし、Xは、新たに指定された土地が従前の土地と比べて狭すぎるため、換地処分は土地区画整理法に違反すると主張して、Yを被告として、換地処分の取消訴訟を提起した。審理の結果、裁判所は、Xの主張のとおり、換地処分は違法であるとの結論に達した。

しかし、審理中に、問題の土地区画整理事業による造成工事は既に終了し、新たな土地所有者らによる建物の建設も終了するなど、Xに従前の土地を返還するのは極めて困難な状況となっている。

この場合、裁判所による判決は、どのような内容の主文となり、また、このような判決は何と呼ばれるか。40字程度で記述しなさい。

■解説

【難易度】易しい。最大判平成20年9月10日が元になっていると思われるが、この判例を知らなくとも本問は正解できる。

問題文を簡単にまとめると、「換地処分は違法だが、原状回復が極めて困難という場合の判決は如何」、ということになろう。違法な処分ではあるが、それを覆せない場合の判決として、事情判決(行政事件訴訟法31条)があるということを思い出せばよい。

答えは次のようになろうか。

「本件換地処分を違法と宣言しつつ、請求を棄却する主文となり、また、事情判決と呼ばれる。」(42文字)

なお、原状回復が困難という事はそもそも「訴えの利益」を欠く、即ち事情判決ではなく請求却下判決が問題となるのではないか、という疑問が出てくる。下級審では事実そのような例があるが、この点については、塩野宏『行政法U』第6版(2019年、有斐閣)208−209頁参照。本問については、前掲塩野205頁以下参照。