■2011年行政書士試験・法令記述式第1問

行政書士合格講座2011年行政書士試験の問題解説>2011年行政書士試験・法令記述式第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■行政法、即時強制(2011−44)【理論問題】

以下に引用する消防法29条1項による消防吏員・消防団員の活動(「破壊消防」と呼ばれることがある)は、行政法学上のある行為形式(行為類型)に属するものと解されている。その行為形式は、どのような名称で呼ばれ、どのような内容のものと説明されているか。40字程度で記述しなさい。

消防法29条1項
消防吏員又は消防団員は、消火若しくは延焼の防止又は人命の救助のために必要があるときは、火災が発生せんとし、又は発生した消防対象物及びこれらのものの在る土地を使用し、処分し又はその使用を制限することができる。

■解説

【難易度】やや難しい。「破壊消防」という言葉から即時強制を思い出すことは容易だが、その定義をきちんと書くという作業は少し難しかったと思われる。

行政上の義務履行を確保する手段には、「強制執行」と「即時強制」がある。前者は「将来の義務履行確保」をねらいとしており(その点で過去の義務違反が問題となる行政罰と区別される)、代執行、執行罰、直接強制の3種がある。一方即時強制は、義務の不履行を前提としない点で強制執行と区別される。田中二郎『行政法上』新版全訂第2版(1974年、弘文堂)168頁以下。

「即時強制と呼ばれ、相手方に義務を課さずに身体や財産に実力を行使し行政目的の実現を図るもの。」(45文字)

定義については、塩野宏『行政法T』第5版(2009年、有斐閣)252頁を参考にした。