■2012年行政書士試験・法令記述式第1問

行政書士合格講座2012年行政書士試験の問題解説>2012年行政書士試験・法令記述式第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■行政法、当事者訴訟(2012−44)【条文知識問題】

Xは、A県B市内に土地を所有していたが、B市による市道の拡張工事のために、当該土地の買収の打診を受けた。Xは、土地を手放すこと自体には異議がなかったものの、B市から提示された買収価格に不満があったため、買収に応じなかった。ところが、B市の申請を受けたA県収用委員会は、当該土地について土地収用法48条に基づく収用裁決(権利取得裁決)をした。しかし、Xは、この裁決において決定された損失補償の額についても、低額にすぎるとして、不服である。より高額な補償を求めるためには、Xは、だれを被告として、どのような訴訟を提起すべきか。また、このような訴訟を行政法学において何と呼ぶか。40字程度で記述しなさい。

■解説

【難易度】普通。

行政事件訴訟法が定める当事者訴訟は2類型ある(4条)。一つは、「当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするもの」(形式的当事者訴訟)であり、他方は、「公法上の法律関係に関する確認の訴えその他の公法上の法律関係に関する訴訟」(実質的当事者訴訟)である。

土地収用に関する収用委員会の裁決につき損失補償に争いがある場合、土地所有者と起業者の間で訴訟を提起することは、前者の例である。この場合、紛争は土地収用裁決を契機に生じており、裁決の効力を争う点で抗告訴訟としての実質を有するものの、形式的には当事者間で補償金額を争うことになるので(土地収用法133条)、講学上形式的当事者訴訟と呼ばれている。

なお、公務員の俸給・手当の請求、公務員の地位確認、国籍の確認等の訴えは、実質的当事者訴訟の例として挙げられる。なお本問につき、塩野宏『行政法U』第4版(2005年、有斐閣)232頁以下、櫻井敬子−橋本博之『行政法』第5版(2016年、弘文堂)351頁以下参照。

解答としては次のようになろうか。
「B市を被告として、形式的当事者訴訟と呼ばれる補償金額の増額を求める訴訟を提起すべきである。」(45文字)