■2013年行政書士試験・基礎法学第1問

行政書士合格講座2013年行政書士試験の問題解説>2013年行政書士試験・基礎法学第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■法の解釈手法(2013−1)【理論問題】

次の文章にいう「第二段の論理の操作」についての説明として、妥当なものはどれか。

成文法規の解釈は、まず「文理解釈」に始まり、次いで「論理解釈」に移る。文理解釈は、成文法の文章および用語について法規の意義を確定し、論理解釈は、成文法の一般規定をば具体的な事件の上に当てはめるための論理的の筋道を考察する。論理解釈を行うに当っては、第一に「三段論法」が活用される。三段論法による法の解釈は、法規を大前提とし、事件を小前提として、結論たる判決を導き出そうとするのである。しかし、いかに発達した成文法の体系といえども、絶対に完全無欠ではあり得ない。故に、特殊の事件につき直接に三段論法を適用すべき明文の規定が欠けている場合には、更に第二段の論理の操作が必要となる。

1) 甲の事件につき規定がなく、類似の乙の事件に関しては明文の規定がある場合、甲にも乙の規定を準用しようとするのは、「反対解釈」である。

2) 乙についてのみ規定があり、甲に関する規定が欠けているのは、甲に対する乙の規定の準用を排除する立法者の意志である、という理由から、甲に対しては乙の場合と反対の解釈を下すのは、「勿論解釈」である。

3) 甲の事件につき規定がなく、類似の乙の事件に関しては明文の規定がある場合、甲にも乙の規定を準用しようとするのは、「類推解釈」である。

4) 乙についてのみ規定があり、甲に関する規定が欠けているのは、甲に対する乙の規定の準用を排除する立法者の意志である、という理由から、甲に対しては乙の場合と反対の解釈を下すのは、「拡大解釈」である。

5) 甲の事件につき規定がなく、類似の乙の事件に関しては明文の規定がある場合、甲にも乙の規定を準用しようとするのは、「縮小解釈」である。

■解説

【難易度】普通。問題文自体を読まず、端的に肢の正誤を判断すれば足りる。

1) 誤り。これは反対解釈ではなく、類推解釈である。「馬をつなぐべからず」という規定がある場合、「馬は牛でないからつないでよい」と解釈するのが反対解釈である。我妻栄(遠藤、川井補訂)『民法案内1私法の道しるべ』(勁草書房、2005年)147頁。

2) 誤り。これは勿論解釈ではなく、反対解釈である。

3) 正しい。なお類推解釈と拡張解釈は似ているが、前者では「甲≠乙」ということが前提になるが、後者は「乙の意味に甲を含ませる」解釈という点で異なる。例えば、刑法245条は電気を財物とみなしているが、これは、「電気は刑法の財物ではない」という理解を前提に、あえて財物についての規定を立法により電気に類推しているとも言い得る。一方−刑法245条の存在はともかく−、「電気も刑法の財物である」として、財物についての規定を電気にも適用するとすれば、それは拡張解釈と言える。前掲我妻149頁。

4) 誤り。これは拡大(拡張)解釈ではなく、反対解釈である。

5) 誤り。これは縮小解釈ではなく、類推解釈である。口語化前の民法192条は、「平穏且公然ニ動産ノ占有ヲ始メタル者カ−中略−権利ヲ取得ス」と定められていたが、この条文につき通説、判例は、「占有ヲ始メタル」を「『動産の取引行為によって』占有ヲ始メタル」と解釈していたが、これは縮小解釈の例である。なお現在の192条は、「取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は」と定めているが、これは先の縮小解釈を立法化したものである。前掲我妻145頁。