■2014年行政書士試験・憲法第4問

行政書士合格講座2014年行政書士試験の問題解説>2014年行政書士試験・憲法第4問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■内閣(2014−6)【条文知識問題】

内閣に関する憲法の規定の説明として正しいものはどれか。

1) 内閣総理大臣は、衆議院議員の中から、国会の議決で指名する。

2) 国務大臣は、内閣総理大臣の指名に基づき、天皇が任命する。

3) 内閣は、衆議院で不信任の決議案が可決されたとき、直ちに総辞職しなければならない。

4) 内閣は、総選挙の結果が確定すると同時に、直ちに総辞職しなければならない。

5) 内閣は、総辞職の後、新たに内閣総理大臣が任命されるまで引き続き職務を行う。

■解説

【難易度】易しい。

1) 誤り。「内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で」指名する(憲法67条1項)。

2) 誤り。「内閣総理大臣は、国務大臣を任命する」(68条1項本文)。

3) 誤り。「内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない」(69条)

4) 誤り。「衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があつたときは、内閣は、総辞職をしなければならない」(70条)。

5) 正しい。71条。