■2014年行政書士試験・行政法総論第1問

行政書士合格講座2014年行政書士試験の問題解説>2014 年行政書士試験・行政法総論第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■行政行為(2014−8)【理論問題】

次の会話の空欄(ア)−(エ)に当てはまる語句の組合せとして、正しいものはどれか。

A) 「私も30年近く前から自動車の運転免許を持っているのですが、今日はこれを素材にしてちょっと行政法のことについて聞きましょう。これが私の持っている免許証ですが、これにはいろいろな記載がなされています。これらの記載が行政法学上、どのように位置づけられるか答えてください。まず、最初に免許証について『平成29年08月15日まで有効』と書かれていますが、これはどうかな。」

B) 「その記載は、行政処分に付せられる附款の一種で、行政法学上、 (ア)と呼ばれるものです。」

A) 「そうですね。次ですが、『免許の条件等』のところに『眼鏡等』と書かれています。これはどうでしょう。」

B) 「これは、運転にあたっては視力を矯正する眼鏡等を使用しなければならないということですから、それも附款の一種の(イ)と呼ばれるものです。」

A) 「それでは、運転免許は一つの行政行為とされるものですが、これは行政行為の分類ではどのように位置づけられていますか。」

B) 「運転免許は、法令により一度禁止された行為について、申請に基づいて個別に禁止を解除する行為と考えられますから、その意味でいえば、(ウ)に当たりますね。」

A) 「よろしい。最後ですが、道路交通法103条1項では、『自動車等の運転に関しこの法律若しくはこの法律に基づく命令の規定又はこの法律の規定に基づく処分に違反したとき』、公安委員会は、『免許を取り消』すことができると規定しています。この『取消し』というのは、行政法の学問上どのような行為と考えられていますか。」

B) 「免許やその更新自体が適法になされたのだとすれば、その後の違反行為が理由になっていますから、それは行政法学上、(エ)と呼ばれるものの一例だと思います。」

A) 「はい、結構です。」

ア イ ウ エ
1) 条件 負担 免除 取消し
2) 期限 条件 特許 撤回
3) 条件 負担 特許 取消し
4) 期限 負担 許可 撤回
5) 期限 条件 許可 取消し

■解説

【難易度】易しい。石川敏行『はじめて学ぶプロゼミ行政法』改訂版(2000年、実務教育出版)167頁以下の設例がほぼそのまま出題されているので、これを覚えておけば容易に解ける問題である。

ア) 期限。行政行為の効力の発生、消滅を、成否が確実な事実にかからせる附款のことである。前掲石川170頁。

イ) 負担。行政処分の効力は完全に発生するが、これに付随して特別の義務を負わせる附款のことである。前掲石川170−171頁。

ウ) 許可。禁止を解除する命令であり、自由を回復させるのが許可である(前掲石川164頁)。なお自動車運転免許は「許可」であるが、この許可についての証明書(運転免許証)の発行は、行政行為の分類では「公証」となる。前掲石川167−168頁。

エ) 撤回。これに対し、行政行為の成立時の瑕疵を理由として、当該行為の法的効果を奪う行為が「取消」である。

よって正解は4)となろう。