■2014年行政書士試験・商法第1問

行政書士合格講座2014年行政書士試験の問題解説>2014年行政書士試験・商法第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■支配人(2014−36)【条文知識問題】

商法上の支配人に関する次の記述のうち、商法の規定に照らし、正しいものはどれか。

1) 商人が支配人を選任したときは、その登記をしなければならず、この登記の完了により支配人も商人資格を取得する。

2) 支配人は、商人の営業所の営業の主任者として選任された者であり、他の使用人を選任し、または解任する権限を有する。

3) 支配人の代理権の範囲は画一的に法定されているため、商人が支配人の代理権に加えた制限は、悪意の第三者に対しても対抗することができない。

4) 支配人は、商人に代わり営業上の権限を有する者として登記されるから、当該商人の許可を得たとしても、他の商人の使用人となることはできない。

5) 商人の営業所の営業の主任者であることを示す名称を付した使用人は、支配人として選任されていなくても、当該営業所の営業に関しては、支配人とみなされる。

■解説

1) 誤り。登記の説明は正しいが(商法22条)、登記完了により支配人が商人となるのではない。支配人は代理権を有する商業使用人である(21条参照)。

2) 正しい。20条、21条2項。

3) 誤り。支配人の代理権の範囲は、包括的に「営業に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限」にまで及ぶが(21条1項)、これに加えた制限は「善意の第三者」に対抗できない(21条2項)。

4) 誤り。「許可」があれば、支配人は他の商人の使用人になることは可能である(23条1項3号)。

5) 誤り。このような使用人(表見支配人)は支配人とみなされるわけではない。表見支配人は、「一切の裁判外の行為をする権限を有するもの」とみなされる(24条)のである。21条1項と比較のこと。