■2016年行政書士試験・基礎法学第1問

行政書士合格講座2016年行政書士試験の問題解説>2016月年行政書士試験・基礎法学第1問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■裁判員制度(2016−1)【判例問題】

次の文章は、裁判員制度に関する最高裁判所判決の一節(一部を省略)である。空欄(ア)−(エ)に当てはまる語句の組合せとして、妥当なものはどれか。

裁判は、証拠に基づいて事実を明らかにし、これに法を適用することによって、人の権利義務を最終的に確定する国の作用であり、取り分け、刑事裁判は、人の生命すら奪うことのある強大な国権の行使である。そのため、多くの近代(ア)国家において、それぞれの歴史を通じて、刑事裁判権の行使が適切に行われるよう種々の原則が確立されてきた。基本的人権の保障を重視した憲法では、特に31条から39条において、…適正な刑事裁判を実現するための諸原則を定めており、そのほとんどは、各国の刑事裁判の歴史を通じて確立されてきた普遍的な原理ともいうべきものである。刑事裁判を行うに当たっては、これらの諸原則が厳格に遵守されなければならず、それには高度の(イ)が要求される。憲法は、これらの諸原則を規定し、かつ、(ウ)の原則の下に、「第6章司法」において、裁判官の職権行使の独立と身分保障について周到な規定を設けている。こうした点を総合考慮すると、憲法は、刑事裁判の基本的な担い手として裁判官を想定していると考えられる。

他方、歴史的、国際的な視点から見ると、欧米諸国においては、上記のような手続の保障とともに、18世紀から20世紀前半にかけて、(ア)の発展に伴い、(エ)が直接司法に参加することにより裁判の(エ)的基盤を強化し、その正統性を確保しようとする流れが広がり、憲法制定当時の20世紀半ばには、欧米の(ア)国家の多くにおいて陪審制か参審制が採用されていた。
(最大判平成23年11月16日刑集65巻8号1285頁)

ア イ ウ エ
1) 民主主義 法的専門性 三権分立 国民

2) 立憲主義 政治性 法的安定性 法曹

3) 自由主義 法的専門性 三権分立 国民

4) 民主主義 政治性 法的安定性 法曹

5) 立憲主義 法的専門性 三権分立 国民

■解説

【難易度】やや難しい。本問は、(イ)−(エ)のいずれか1つでも穴埋できれば選択肢を3つに絞ることができ、あとは(ア)だけを検討すればよいという問題であったが、この(ア)の穴埋めが分りにくかったかもしれない。

ア) 「民主主義」。2番目に登場する(ア)より後の文脈で入れる語句を判断する。ここでは、国民が「直接司法に参加する」「陪審制か参審制」という事が述べられているので、国民の司法「参加」に親しむ「民主主義」を入れる。

イ) 「法的専門性」。裁判所は、議会や内閣のような政治部門とは異なる、非政治的機関(法原理機関)である。佐藤幸治『日本国憲法論』(成文堂、2011年)575頁。

ウ) 「三権分立」。「裁判官の職権行使の独立と身分保障について周到な規定」を設けたのは、政治性の強い立法、行政権から非政治的権力たる司法権への圧力を排除するためであり、また、少数者の保護を図るべく政治的権力の干渉を排除するため等と説明されるが(芦部信喜〔高橋和之補訂〕『憲法』第5版〔2011年、岩波書店〕346頁参照)、これらを考慮すれば「三権分立」が入ることが分かる。

エ) 「国民」。陪審制なり参審制なり、「直接司法に参加する」のは「国民」である。前掲芦部344頁。

よって正解は1)となろうか。