■2016年行政書士試験・地方自治法第2問

行政書士合格講座2016年行政書士試験の問題解説>2016年行政書士試験・地方自治法第2問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■地方公共団体の事務(2016−23)【条文知識問題】

地方自治法が定める地方公共団体の事務に関する次のア)−オ)の記述のうち、誤っているものの組合せはどれか。

ア) 自治事務とは、自らの条例またはこれに基づく規則により都道府県、市町村または特別区が処理することとした事務であり、都道府県、市町村および特別区は、当該条例または規則に違反してその事務を処理してはならない。

イ) 第一号法定受託事務とは、法律またはこれに基づく政令により都道府県、市町村または特別区が処理することとされる事務のうち、国が本来果たすべき役割に係るものであって、国においてその適正な処理を特に確保する必要があるものとして法律またはこれに基づく政令に特に定めるものである。

ウ) 各大臣は、その担任する事務に関し、都道府県の自治事務の処理が法令の規定に違反していると認めるとき、または著しく適正を欠き、かつ、明らかに公益を害していると認めるときは、当該都道府県に対し、当該自治事務の処理について違反の是正または改善のため必要な措置を講ずべきことを求めることができる。

エ) 各大臣は、その所管する法律またはこれに基づく政令に係る都道府県の法定受託事務の処理が法令の規定に違反していると認めるとき、または著しく適正を欠き、かつ、明らかに公益を害していると認めるときは、当該都道府県に対し、当該法定受託事務の処理について違反の是正または改善のため講ずべき措置に関し、必要な指示をすることができる。

オ) 各大臣は、その所管する法律に係る都道府県知事の法定受託事務の執行が法令の規定に違反する場合、当該都道府県知事に対して、期限を定めて、当該違反を是正すべきことを勧告し、さらに、指示することができるが、当該都道府県知事が期限までに当該事項を行わないときは、地方裁判所に対し、訴えをもって、当該事項を行うべきことを命ずる旨の裁判を請求することができる。

1) ア)、イ)

2) ア)、オ)

3) イ)、エ)

4) ウ)、エ)

5) ウ)、オ)

■解説

【難易度】普通。

ア) 誤り。自治事務とは、「地方公共団体が処理する事務のうち、法定受託事務以外のものをいう」(2条8項)。

イ) 正しい。2条9項1号。

ウ) 正しい。245条の5第1項。

エ) 正しい。245条の7第1項。

オ) 誤り。地方裁判所ではなく、「高等裁判所」に対し裁判を請求することになる(245条の8第3項)。前半部分は正しい(245条の8第1項、第2項)。

よって正解は2)となろう。