■2016年行政書士試験・行政手続法第3問

行政書士合格講座2016年行政書士試験の問題解説>2016年行政書士試験・行政手続法第3問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■行政手続法(2016−13)【条文知識問題】

行政手続法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1) 行政庁は、申請の形式上の要件に適合しない申請については、補正を求めなければならず、ただちにこれを拒否してはならない。

2) 行政庁は、申請により求められた許認可等を拒否する処分をする場合は、申請者に対し、同時に、当該処分の理由を提示しなければならない。

3) 行政庁は、申請者の求めがあれば、申請に係る審査の進行状況や申請に対する処分時期の見通しを示すよう努めなければならない。

4) 申請により求められた許認可等を拒否する処分は、不利益処分ではなく、「申請に対する処分」に該当する。

5) 形式上の要件に適合する届出については、提出先とされる機関の事務所に届出書が到達したときに届出の義務が履行されたものとする。

■解説

【難易度】易しい。

1) 誤り。よってこれが正解である。行政庁は、申請の形式上の要件に適合しない申請については、「速やかに、申請をした者(以下「申請者」という。)に対し相当の期間を定めて当該申請の補正を求め、又は当該申請により求められた許認可等を拒否しなければならない」(7条)ので、「ただちにこれを拒否」することも可能である。

2) 正しい。8条1項本文。

3) 正しい。9条1項。努力義務である。

4) 正しい。2条4号ロ

5) 正しい。37条。