■2016年行政書士試験・行政救済法第4問

行政書士合格講座2016年行政書士試験の問題解説>2016年行政書士試験・行政救済法第4問

このサイトについて・プライバシーポリシー 憲法学の窓・公務員試験対策室 Site Map

■行政事件訴訟法(2016−17)【条文知識問題】

行政事件訴訟における法律上の利益に関する次のア)−オ)の記述のうち、誤っているものの組合せはどれか。

ア) 処分の取消訴訟において、原告は、自己の法律上の利益に関係のない違法を理由として処分の取消しを求めることはできず、こうした理由のみを主張する請求は棄却される。

イ) 処分の無効確認の訴えは、当該処分に続く処分により損害を受けるおそれのある者その他当該処分の無効の確認を求めるにつき法律上の利益を有する者で、当該処分の無効を前提とする現在の法律関係に関する訴えによって目的を達することができないものに限り、提起することができる。

ウ) 処分の取消訴訟は、処分の効果が期間の経過その他の理由によりなくなった後においても、なお、処分の取消しによって回復すべき法律上の利益を有する者であれば提起することができる。

エ) 不作為の違法確認訴訟は、処分について申請をした者以外の者であっても、当該不作為の違法の確認を求めるにつき法律上の利益を有する者であれば提起することができる。

オ) 民衆訴訟とは、国または公共団体の機関相互間における権限の存否またはその行使に関する訴訟であり、原告は、自己の法律上の利益にかかわらない資格で提起することができる。

1) ア)、イ)

2) ア)、オ)

3) イ)、ウ)

4) ウ)、エ)

5) エ)、オ)

■解説

【難易度】易しい。

ア) 正しい。行政事件訴訟法10条1項。

イ) 正しい。36条。

ウ) 正しい。9条1項。

エ) 誤り。「不作為の違法確認の訴えは、処分又は裁決についての申請をした者に限り、提起することができる」(37条)。

オ) 誤り。「『機関訴訟』とは、国または公共団体の機関相互間における権限の存否またはその行使に関する訴訟」、なら正しい(6条)。

よって正解は5)のエ)、オ)となろう。